時代劇

2017年 8月 25日
おはようございます。
またTVの話です。

早朝にやっている時代劇!暴れん坊将軍!

早起きした時か、夜更かしした時か・・・って普段はめったに見ることないですね。

面白いっていうか、いい話っていうか、ちょっと気になったので、ココで記してみます。



ドラマの内容はよくある話で、

悪い奴が、牢獄にいる仲間を脱獄させる為に、外から放火しちゃうんです!

そうすると、見る見るうちに火が回って大変なことに!!!

お奉行さん達も右往左往。

どこからか、「解き放ち〜!解き放ち〜!!!!」「3日後の卯の刻(朝6時から8時くら

い)までに戻れ〜!さもなくば、死罪じゃ〜!!!」

・・・と。

罪人の身を案じて解放〜。そして悪い奴は、逃げてしまう・・・という内容。



注目すべきは、解き放ち!

解き放ちッて何?火事で焼け死んでしまわないように逃がしちゃうの??

人情あふれるすごいシステム!

そして、三日後に帰って来いって・・・

ほんとに帰ってくる人いたのかなぁ???

でも、江戸時代には、そんなにひどい事件もなかったからこういうことできたのかな

ぁ・・と感心してしまいました。

気になってちょっとググってみたら、本当にそういうことがあったんですね。

でも、戻らず見つかったときは死刑。

実際は10人に1人くらいしか戻らなかったようですね。(やっぱり)



ちなみに、3・11の時にも解き放ちがあったそうですよ!








(C) 2008-2017 エムズホーム株式会社
e-mail info@mz-home.net Phone 044-863-4004 FAX 044-863-4012